静岡でデンマークの家具 (USED・輸入)を販売 スークの日記


by suqkoubou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

仲良し

ダイニングチェアを買いに来て下さるご夫婦のお客様で、
ご主人はアーム付きの椅子を、奥さまはアームなしの椅子を選ばれる
ことがあります。

理由は、女性は立ったり座ったりすることが多いからとのこと。
アームがついていると、その分うしろへ椅子を引かなければならないので
少し面倒とか、人によってはエプロンが引っかかってしまうということも。

男性はゆったり座りたいと、アームに肘を添えるだけで腕の重みを軽減し
リラックスできるアーム付きを選ばれたり、
ご本人ではなく奥さまが、
「ゆったり座らせてあげたい。」 と、おっしゃられることも。


それぞれ違うデザインの椅子を買われることもあります。
ですが、同じデザインでアーム付きとアームなしというのも
なかなか良いです。

ハンス・J・ウェグナーの 『CH36』 と

c0100110_16144958.jpg


『CH37』 です。

c0100110_16154079.jpg


CH36は中古の商品です。木部はオーク材、ペーパーコードは現状です。
背中に添って傾斜が付けられ座り心地も良く、シンプルで使い勝手のよい
スークでも人気のダイニングチェアです。

CH37はCH36のアーム付きバージョンです。
新品展示品で木部はビーチ材です。
CH36よりも少し座面が広く、ゆったりと座ることができます。
アームの高さが66センチですので、テーブルによっては中に入らないことも
あるかもしれません。


c0100110_16233048.jpg


同デザインのバージョン違い、仲良しっぽくて微笑ましいです。






スーク yamada
[PR]
by suqkoubou | 2012-09-29 16:25 | ハンス・J・ウェグナー | Comments(0)

おかえり

『アルネ・ヴォッター』 のソファテーブルです。

c0100110_13494550.jpg


少し前に再塗装を終えてスークに帰ってきました。

厚めの天板にしっかりとした脚は
アルネ・ヴォッターのデザインの中ではめずらしいようですが、

脚の小口を天板の表に出すデザインは、ピーターヴィッツ&モルガードの
ソファテーブルModel596などにも見られるデザインで、
その当時の流行の形なのかも?しれないということです。

その当時の様子をはっきりと知ることはできないけれど、
共通する何かを感じ取ることで「どんな生活してたのかな?」とか、
空気感とか、歴史と一緒で家具も昔から繋がっている流れのような物が
感じ取れるのもおもしろいなぁと、思いました。


木部はマホガニー、クラシカルな印象のソファテーブルです。



『アルネ・ヴォッター』 ソファテーブル ¥158,000 Sold Out



気になる事などございましたらお気軽にお問い合わせください。

スーク yamada
[PR]
by suqkoubou | 2012-09-26 15:21 | アルネ・ヴォッター | Comments(0)

やるぞ~!

スークには家具がたくさんありますが、雑貨も沢山たくさんございます!
HPに商品をアップする際にどうしても家具優先になってしまうため、

新着商品や、ガラスのページはあまり変わらない・・・。
そんな状況になってしまいます。

せっかく沢山あるのに残念・・・。
と言うわけで!これから少しずつアップしていこうと思っております。


まずはホルムガードなどのガラスや、リサラーソンのお人形から。

c0100110_1620588.jpg


今はまだ、撮影前なのでもう少々お時間かかっちゃいそうですが、
言っちゃったからにはやらないと!うんうん。 


お楽しみにしてください。



スーク yamada
[PR]
by suqkoubou | 2012-09-20 16:23 | 雑貨等 | Comments(0)

独特

入荷時の資料には 「ヘルサ・ベングトソン」 デザインとありました。

c0100110_14413761.jpg


Roratrand社のBEPPOシリーズです。
黄色に黒という奇抜な配色に独特な絵柄がインパクト大な作品です。

c0100110_14551743.jpg


ボキャブラリーがとぼしいですが・・・古代遺跡の壁画みたい。みたいな。。。
絶対に違うと思うけれど、黄色が砂漠を三角がピラミッドを
鳥の背景に描かれている模様が太陽を

そんなイメージをさせられるのは私だけでしょうか?
(じゃぁ、鳥はなんだい?!って話ですね、とほほ)


Φ20.5cm×H12cmなので、ワインボトルを冷やすには小さめですが、
氷とお水をはって、オシャレな瓶に飲み物をいれて、


ホームパーティーをするときなんかは
いつもと違う雰囲気で楽しめそうな気がします。





『Rorstrand/BEPPO』 ¥23,000


気になる事などございましたらお気軽にお問い合わせください。



スーク yamada
[PR]
by suqkoubou | 2012-09-12 16:04 | Rorstrand・ロールストランド | Comments(0)

まんまる

「アクセル・キイャスゴー」 のまんまるの鏡です。

c0100110_13522165.jpg


スークの階段を上がった2Fの壁に展示してあります。

階段を上がりながら目に入る丸い鏡は2Fの窓から射す陽を映して
うっすら輝きます。 まるでお月さまのようです。

丸い形が和むのは、角のとれたその形が最大の理由ですが、
この鏡のフレームが例えば「無かったり」、例えば「ステンレス」だったり、

それだけで同じ丸でも印象は変わります。

お月さまのようだと感じるのはオーク材のフレームの色のせいですね。
より一層和みます。



一日に階段を上がったり下がったり、その度に目に入るまんまるい鏡は
私の気持ちを少しずつ癒してくれます。





気になる事などございましたらお気軽にお問い合わせください。



スーク yamada
[PR]
by suqkoubou | 2012-09-10 14:50 | アクセル・キイャスゴー | Comments(0)

キレイ

グスタフベリのデザイナー 『Sven Jonson』  デザインの陶板です。

c0100110_1444116.jpg


スウェーデンのUPPLAND地方のお花で
「Kungsängslilja」 という名前のお花が描かれています。

濃紺にシルバーで描かれているのが特徴的で、
今までスークで取り扱った陶板とは一味違った雰囲気です。

全体的に光沢がありますし、濃紺にシルバーという配色がシックで
陶板の温かみというよりは、重厚さを感じます。

実はもう一枚同じシリーズの陶板がありまして、
やっぱりスウェーデンのSödermanland地方のお花で「Vit näckros」
という名前のお花が描かれています。

詳細はわかりませんが、この陶板のシリーズは
「スウェーデンの各地方のお花シリーズ」なのかな?と思います。

日本で言う「市の花」とか、「県の花」とかいうのかも・・・!?
あやしいですが。


何にしても!
何かを作ったりデザインする時にはコンセプトや背景があるものです。

それを知ると作品への愛着も増したりしますよね。
たとえほんの少しの情報でも。。。

あはは。




スーク yamada
[PR]
by suqkoubou | 2012-09-07 15:25 | Gustavsberg・グスタフベリ | Comments(0)

ようこそ

『Raija Uosikkinen(ライヤ・ウオシッキネン)』 のイラストが魅力的な
『Emilia(エミリア)』 シリーズのプレートが入荷しています。

c0100110_13572373.jpg


髪の毛の一本一本までとても細かく、それでいてすっきりと
プレート全体に描かれています。

c0100110_13581819.jpg


ハンモックに揺られながらお茶をお供に読書、贅沢な時間です。

読書は多少するほうですが、こんな風に読んだことないなぁ、
本を読むのはたいていお家の中で本を楽しむことはありますが。。。

きっとこの絵の人物は本を楽しみながら、外の空気、空間や時間も
楽しんでいるんだろうなぁ、と感じます。



お日様が射して明るく過ごしやすい季節が短いので、
良い季節には外に出てお日様を楽しむのだと聞いたことがあります。

このプレートに描かれているのは、そんな日常の一幕なんでしょうね。




裏にはARABIAの刻印が入っています。
気になる事などございましたらお気軽にお問い合わせください。



『Raija Uosikkinen/Emilia』 プレート ¥22,000



スーク yamada
[PR]
by suqkoubou | 2012-09-05 14:15 | ARABIA・アラビア | Comments(0)

ようこそ

9月1日になってしまいました。
いつまでも暑いのはイヤだけれど、終わってしまうと寂しいのが夏です。

「ああ、あの時はキラキラと輝いていたなぁ。」
なんて、そう前でもない夏の一日を思い返してみたくなるのが9月です。

去ってゆく夏に後ろ髪引かれる思いで、
この時期見たくなる映画や聴きたくなる音楽など、
少しでもその余韻に浸ろうとがんばる傾向が見られませんか?

あはは。


『Sylvia Leuchovius シルヴィア・レウショヴィウス』 デザインの作品です。

c0100110_13584495.jpg

c0100110_13583465.jpg


とっても細かく、なんだか和む可愛らしい図柄のボウルです。
中央に描かれているのはひまわりでしょうか?

全体的に爽やかで、夏というか、初夏を思わせる作品です。
明るくてよくわからないけど心が軽い、午後の風景が目に浮かびます。

c0100110_14145140.jpg


こちらはウォールプレートです。
写真が小さくて分かりにくいかもしれませんが・・・。

長い髪をゆるりと結び、大きな帽子には生き生きとしたお花を飾り立てて
帽子のつばにそっと手を当てる女性がとっても爽やか。

細かな模様で描かれているにわとり?も背筋が伸びて元気そうです。



どの作品も爽やかで、
夏の終わりを惜しむ私の目に留まってしまったようです。




裏にはRorstrandと、S.Lのサインがされています。
気になる事などございましたら、お気軽にお問い合わせください。


『Sylvia Leuchovius/ボウル 』 ¥12,000
『Sylvia Leuchovius/ウォールプレート 』 各¥8,000



スーク yamada
[PR]
by suqkoubou | 2012-09-01 14:44 | Rorstrand・ロールストランド | Comments(0)