静岡でデンマークの家具 (USED・輸入)を販売 スークの日記


by suqkoubou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:デンマーク( 67 )

2017年は、日本とデンマークの外交関係樹立150周年なんだそうです。
それを記念して日本郵便から特殊切手が発行されます。


c0100110_13530728.jpg


デンマークの観光や文化や産業などを題材にして、切り絵風イラストで表現されたもので、
日本の切手デザイナーさんがデザインしたものです。

手紙を出す機会は少ないけれど、欲しいな、使いたいなと、思いました。


外交関係樹立150周年「いま再びのデンマーク」
なんちゃって。




デンマーク家具・スーク yamada








[PR]
by suqkoubou | 2017-03-18 14:27 | デンマーク | Comments(0)
新年明けましておめでとうございます。本当に久しぶりの投稿です。
年末からコペンハーゲンはすごい冷え込み。連日マイナスの気温が続いています。今日も雪。特にユトランド半島では大雪になっているようです。

時折、また投稿させていただきたいと思います。本年もよろしくお願い致します。

KARG/Copenhagen
c0100110_1903236.jpg

[PR]
by suqkoubou | 2010-01-05 19:01 | デンマーク | Comments(1)

バスルーム

何度か日記でも話題にしたバスルームですが、完成いたしました。10月中旬から始まった工事も完全に終わったのは1月。タオル掛けとかのディテイルまで入れれば終わったのは2月になってから。満足はしているものの、終わってみればもう少しこうすればよかったなかなんていう点も。
全体のトーンは当初、タイルがダークグレー、バスタブやトイレが白、それにアクセントとしてシンク下の家具をウォールナッツにしようと思っていました。あちこちショールームをみて回るうちに、狭いバスルームにウォールナッツの木の感じがどれだけ必要なんだろうかと疑問に。ショールームの人の後押しもあっておもいきって、ウォールナッツをなくして白とダークグレイだけに。天井も扉ももともと白なので、よりシンプルにまとまるというもの。これは出来上がりをみても、なかなか気に入っています。シンクは特徴を出そうと大きな物にしましたが、ちょっと大きすぎたかなという気も。もう少し奥行きを抑えればよかったなかというのが正直な気持ち。シンクの奥行きがあるためバスタブが小さく見えるほど。また、タイルとタイルの目地ももう少し小さくすればよかったかなとも。予想していたよりも目立ってしまいました。そしてこれは本当によくをいえばですが、照明に工夫が足りなかった。当初、床や、壁にも照明を入れるという案があったにもかかわらず、今ひとつ、雰囲気がつかめず、簡単に天井からのスポットにしてしまいました。きれいにまとまったものの、やはり照明効果は今ひとつ。光の見え方がわからないので、これをうまくやるには相当な勇気が要るかも。私にはこの勇気と智恵が残念ながらありませんでした。そうしてもう一つ、これも欲の欲を言えばですが、もっとスタイルをはっきり出してもよかったかなと。別の言い方をすればシンプルにしすぎたかも(ちょっと見、あまりいい意味でなくどこかのショールームのようになってしまったような)アーレデコを取り入れるとか、アパートの年代(1910年)にあったような作り方をしてもよかったかなとも。なんだかんだと欲を言えばきりが無いわけですが、自分でできるだけのことはしたので、満足はしています。

このプロジェクトが終わって一番印象に残ったことはバスルーム用品の値段のた高さ。トイレ、バスタブから鏡、タオル掛けにいたるまでちょっと気の聞いたものになると値段が高い。少し値段の安いものにしようとして、他のメーカーをあたっても大差がない。ということで結局予算をオーバーしても気に入ったものを買うことになってしまう。つまりモデルのチョイスはあっても価格帯のチョイスのない市場ということです。皆さんの参考にはあまりならないと思いますが、初公開です。
KRRG/CPH


c0100110_0305741.jpg
c0100110_0314879.jpg
c0100110_0323598.jpg

[PR]
by suqkoubou | 2009-03-10 00:40 | デンマーク | Comments(3)

ご無沙汰しております

なんだかずっとご無沙汰してしまいました。秋に日本に行ってからすでに季節は冬に、そして今年も後20日あまり。なんだか早い。アメリカに始まった金融不況も、この間に世界規模に。デンマークも建築や運送業界を中心にこれからたくさんの失業者が出ると予想されています。

そんな世知辛い世の中ですが、今年もクリスマスはやってきます。世相を反映してか、なんとなくトーンダウン。クリスマス商戦ににぎわう目抜き通りにも、20%OFFなんていう値引きのサインが目立ちます。通常年が明けてからのバーゲンですが、客の出足を心配してか、すでに始まっている状態。それだけどのショップも必死ということでしょうか。コンゲンスニュートウ広場にある、デンマークの高級ホテル D'Angleterreは毎年大掛かりなクリスマスデコレーションで人々の目を楽しませてきましたが今年は無し。報道によると、これはホテルがやっていたのではなく、ホテルのオーナーが毎年数千万円という自腹をきって個人的にずっとやってきたもの。今年このホテルを買収したオーナーはクリスマスデコレーションに多額を投じる気がなかったようです。新しいオーナーは国家が倒産寸前といわれるアイスランド人の投資家。あの状況を考えれば当然かも。
とはいえ、コンゲンスニュートウにはいまや恒例となったスケートリンクが今年も登場、毎日たくさんの人を集めています。

c0100110_16251170.jpg

[PR]
by suqkoubou | 2008-12-10 16:25 | デンマーク | Comments(1)

秋景色

今日総裁選挙のニュースで東京からの映像がニュースで流れていました。道行く人をみるとまだ半そで。やっぱりまだそんな陽気なんですね。デンマークは一足早く秋。たわわに実ったリンゴや梨をあちこちに。実りの秋です。工事が終わった我が家の窓からは紅葉した蔦が見事。先週まではなぜか、まだ早いと秋服に抵抗があったのですが、もう今週からはそんなことは言ってられないという感じ。もたもたしていたらあっという間に冬なんて事に。一足早くあき景色をお届けします。


c0100110_2322070.jpg


KARG/CPH
[PR]
by suqkoubou | 2008-09-24 02:33 | デンマーク | Comments(1)

やっと景色が

4月から始まった、アパートの外壁工事。ひと月遅れでやっと終わりが見えてきました。窓枠の交換を終え、すっぽりと建物を覆っていたビニールや足場の一部が撤去されました。おかげでやっと窓から景色が見えるようになりました。ほとんど洞窟のような生活だったここ数ヶ月。外が見えるだけでこんなに違うとは。見慣れた景色が新鮮。

写真はきれいにした外壁。同じ建物でも入り口の違う部分は、持ち主組合が違うため今回のプロジェクトに参加せず。ということで改装前、改装後みたいなはっきりとした境が出ています。

KARG
c0100110_163736.jpg

[PR]
by suqkoubou | 2008-08-01 16:38 | デンマーク | Comments(0)

デンマークの夏

デンマークの夏のにおいと聞かれたら私は“ニワトコの花“と応える。コペンハーゲン市内でも見かけるこの白い花。さやかなにおいは夏の風にのって、あちこちに。デンマークではこの花のエキスを使ったドリンクが結構出ています。濃縮されて売っているものもあれば、もう飲むだけになって売っているもののものも。なぜかこうした飲み物はみんなエコロジカルなドリンクとして売られています。
私もかつて、ニワトコの花を摘んで、この飲み物を造ってみました。材料は山のように摘んだニワトコの花、レモン汁、そして砂糖、水。早い話、レモネードにニワトコの香りがついたようなもの。ただし、分量によって味が大きく変わるので大変。やっぱり買ったほうが早くておいしいかも。買う時は買う時でメーカーによって味が違うので要注意。

KARG/CPH
c0100110_20215653.jpg

[PR]
by suqkoubou | 2008-06-24 20:23 | デンマーク | Comments(3)

落書き

私の事務所のある地域は暴動があったり、結構若者が荒れている地域。ということで壁への落書きが多い。先日も落書きを除去する会社が一生懸命壁の落書きを落としていました。あと何ヶ月持つやらという感じですが。本当にいたちごっご。落書きがあるのはこの地域ばかりではありません。我が家がある東地区も同じ。特にうちのアパートはバス停の前にあるため、バスを待っている間にちょっとなんていう感覚でつまらない落書きが玄関のドアや壁に。アートならともかく、ただ黒い線で丸とか、変なマークを書いたり。そんなたわいの無いもの。でもこれを除去するとなると大変。現在、外壁をきれいにしているうちのアパート。表面には落書きが除去しやすいような特殊加工をするようです。何が面白のかわかりませんが。自分の自転車や持ち物に同じようなくだらない落書がされたら、書いている彼らにも落書きされた人の気持ちがわかるのでしょうか。書くなら場所と自分の才能と相談しなさいという感じです。
c0100110_18263417.jpg
KARG/CPH
[PR]
by suqkoubou | 2008-06-11 18:30 | デンマーク | Comments(1)

孤立しています

c0100110_17461551.jpg

気持ちのいい青空広がり、新緑が眩しいコペンハーゲン。でも我が家はここのところそれとはまったく無縁。原因は外壁工事。現在アパート全体がビニールで覆われています。砂と水を吹き付けて外壁をきれいにする工事。さらに窓を全部交換するという結構大事規模な工事。足場をきれいに組んで、埃や水が飛ばないようにビニールで全体を覆う。さらに室内にも水や埃が入らないように(古い建物のため窓も隙間だらけ)ビニールで養生。ということで窓をあけることが一切できません。明けられるのは工事をしていないアパートの裏側を部分。でもこちらにも窓がすくない。かろうじてキッチンの窓があけられるだけ。職人さんが足場をうろうろするのでカーテンもしめきったまま。ということで景色も見えないし、光もろくに入らない。なんだか外の世界から孤立した感じです。これならどうせ暗い冬のうちにやればいいのですが、そうもいかない。理由は凍結。水を使うため、凍結してしまってはまったく作業ができないとか。ということでこの時期に。アパートの価値が異常に高騰したため、ここ数年あちこちでこうした外壁工事が行われています。つまりアパートの価値が上がればその分だけ銀行から借金ができる。ということでどのアパートとも、持ち主組合全体でローンを組んで、改修工事費に当てています。各家の持分は広さに応じて負担することに。

私がコペンハーゲンに引っ越してきた十数年前は工事どころか足場ですらほとんど見かけませんでした。それが最近はどこに行っても足場ばかり。ということでコペンハーゲンの建物はどこもかしこも本当にきれいになっています。とにかくあと2ヶ月あまり、この状態。こもったような生活を強いられそうです。見違えるようにきれいになるといいのですが。
c0100110_17415258.jpg

[PR]
by suqkoubou | 2008-05-16 17:54 | デンマーク | Comments(1)

気持ちのいい陽気です。

日曜日、月曜日とデンマークは祝日でした。デンマーク語ではPinse。日本語では聖霊降臨祭というようです。イースターから数えて50日に祝うお祭り。イエスの弟子たちに聖霊が降りてくるというもののようです。私などさっぱりわかりませんが、デンマーク人でもそれ以上は説明ができないようです。ということで私は調べました。もともとはユダヤ教の春の収穫を祝うお祭りだったようです。これに聖書にある聖霊の話が加わって現在のお祭りになっているようです。ただ、春の収穫という本来の意味は忘れ去れらたようですが。クリスマスもそうですがキリスト教はもともとあるお祭りを利用して、自分たちのお祭りにしてしまうの上手なようで。

とそんな連休でしたが、デンマークは各地とも25度を越す夏を思わせる陽気。まだ新緑がではじめたばかりだというのに、照りつける日差しは夏並み。ということでビーチも公園もこの陽気を愉しむ人でいっぱい。お弁当をもってピクニックなんていう人たちも。とにかくデンマークの人たちはお金をかけないで楽しい時を過ごすのが上手。

今日はよく晴れたものの18度と平年並みの気温。ということで昨日の暑さがあるのでちょっと肌寒い感じです。

話は変わりますが、ビルマの台風、中国の地震、米国の竜巻と自然災害が猛威を振るっているようです。自然災害が皆無といっていいデンマーク。ニュースで紹介される悲惨な様子をみてもやはりリアル感は薄いかも。いったいどんな風にこれを見ているのでしょうか。

c0100110_17331218.jpg
KARG/CPH
[PR]
by suqkoubou | 2008-05-13 17:43 | デンマーク | Comments(1)